沖縄市古謝にある児童発達支援事業所/放課後等デイサービスです。

もりのなかま am(アム)古謝

〒904-2161
沖縄市古謝1-5-22 (旧:古謝309-1)
098-938-0202

火〜土:9:30 - 17:30

もりのなかま am(アム)古謝について

もりのなかま am(アム)古謝について

【学校と生活の選択の幅を広げる】
「学校と生活の選択の幅を広げる」ことは、障がいのあるなしに関わらず、子どもたちが幸せに生きる一つの方法なのだと思います。
私たちは子どもたち一人ひとりの気質・人柄に合わせた療育を行い、家族、地域社会、協力機関・者と連携し、学校と生活の選択の幅を広げる支援をしていきます。
 
「子育てと仕事の両立を応援したい」その想いでもりのなかま保育園がスタートしました。
実際に運営していく中で、障がいのある子どもを預かることが度々あり、その子どもとの関わりの中で統合保育の難しさと、障がいの子どもをもつ保護者の抱える悩みやストレスを目の当たりにしました。
それらの実体験から、一人ひとりの子どもの発達と向き合い、共に成長していきたい。そして家族が子どもたちと気持ちの余裕を持って優しく向き合うことができるように支援していきたい。そしてその想いが形となり、仙台市の認可の元、「児童発達支援事業/放課後等デイサービス」である、「もりのなかまam中野栄」を開設することとなりました。
 
【amの安心】
1. 職員全員が有資格者です
2. 土曜日の利用ができます  ※平日の長時間利用も受入可能です
3. 送迎サービスあります(要相談)
 ※ご家庭からご家庭に、学校からご家庭まで送迎致します
 (時間帯、距離によって事業所までお迎えに来ていただくこともございます)
 
【amのネーミングに込められた想い】
★「I am」
  Be動詞の「一人称」である「am」、
  『子どもたち、その家族、地域の人々、一人ひとりに寄り添う居場所となる』
  という意味を込めてこのネーミングをつけました


【児童発達支援事業所/放課後等デイサービスとは】
どんな施設なの?と言う質問を多く受けます。わかりやすく言うと、発達に偏りや特性のあるお子さんが通う、保育園、児童館のようなものをイメージしていただければと思います。
児童福祉法に定められた、行政の認可の元に運営をする事業です。
 
[児童発達支援事業所]
主に2歳~6歳の発達に偏りや特性のある就学前の子どもたちが通うことのできる施設です。日常生活における基本的な動作や知識・技能を学び、集団の中で生活できるように身体や精神の発達を促します。一人ひとりに合った指導及び保育・療育を行います。
 
[放課後等デイサービス]
小学生~高校生が学校終了後や学校休業日(夏休み・秋休み・冬休み)に、生活能力・学力などの向上のために必要な療育、預かりをし、地域社会との交流を促します。多様な活動の中で、一人ひとりの気質や希望を踏まえたサービスを提供します。学校、他の専門機関との連携・協同をしながら、子どもたち、その家族の支援を行います。

<もりのなかまグループ>
もりのなかまam中野栄  放課後等デイサービス/児童発達支援事業所
もりのなかま保育園 南仙台園
もりのなかま保育園 大崎古川園
もりのなかま保育園 宮城野園
もりのなかま保育園 多賀城高橋園
もりのなかま保育園 札幌山鼻園
※「もりのなかま保育園」で検索
もっと見る
もりのなかま am(アム)古謝|施設のご案内 もりのなかま am(アム)古謝|職員のご紹介
もりのなかま am(アム)古謝|コースのご紹介 もりのなかま am(アム)古謝|ご利用の流れ

もりのなかま am(アム)古謝|見学・体験受付中

098-938-0202

申し込み